News / 詳細内容
 
No.
/
題名
/
登録日
35
 
5月19日 東京大学での電子政府セミナーで講演をします!
 
2010-05-18
第1回 韓国から学ぶ・国民に温かく(Warm Hearted)、税収増を実現した電子政府」
世界最先端の電子政府国家を形成した韓国。
その原動力は、地域、世代、経済、教育、障害などあらゆる格差を解消するためであり、国民の安心、安全に貢献する効率的な国家運営のためでした。 
韓国では電子政府普及のため、利用者である国民に税控除のメリットや新たな社会システムを学習する支援政策を実施し、医師や税理士などの新制度により影響を受ける専門家には利用を促すインセンティブを用意しました。今回は、特に「電子納税(収税)」を中心に、国民にとっては簡単で、政府税収も増えた革新的な電子政府政策を紹介します。
電子政府は増税なき財政再建の切り札のひとつになるのではないでしょうか?
日本では、総務省が電子納税・申告、年金記録照会のオンライン申請サポート事業を実施し、受講した納税者・国民の声を反映した新しい電子政府・自治体構築へ期待が高まっています。
電子政府、電子自治体を推進する関係者の皆様、地域の情報化を支援するPC教室,行政・税務の専門家の皆様はもちろん、国際化、高齢化に対応する新しい日本の社会システムのあり方に関心ある皆様。韓国と日本の先進事例から、ごいっしょに考えてみませんか?
期日:2010年 5月19日(水曜日)午後1時―5時
会場:東京大学安田講堂  定員800名
参加費: 一般3000円、協力団体会員2000円(資料代込) どなたでも参加できます。
主催: 非営利特定法人中央コリドー情報通信研究所 
 http://www.npo-ccc21.or.jp/
協力: 東京大学先端科学技術研究センター 中邑研究室  
運営協力 メロウ倶楽部 老テク研究会 ICS研究会
プログラム
司会 メロウ倶楽部 若宮正子氏
★ 13:00   主催者挨拶 
辻井重男 非営利特定法人中央コリドー情報通信研究所理事長 中央大学教授
内閣府IT戦略本部電子行政ガイドライン検討会セキュリティ部会主査
       総務省公的個人認証普及拡大検討会座長

★13:10-13:20 来賓挨拶  総務省副大臣
★13:20-14:40(80分)講演 韓国の電子政府  簡単で有効な電子納税
          講師 韓国 国税庁 電算情報管理官室 情報企画課長 ユジェチョル様
廉 宗淳氏 イーコーポレーションドットジェーピー代表                    
★14:40 -15:00(20分)現地取材報告 韓国の電子政府・自治体
                     韓国取材チーム 
              休憩 15分 
★15:15-15:40(25分)講演 総務省5万人のオンライン申請サポート事業を実施して
講師 総務省 地域力創造グループ 地域情報政策室       高地圭輔室長
★ 15:40-17:00(80分 )パネル討論 これからの日本の電子政府を考える
パネリスト(候補)
1 電子政府を推進したい政府の立場から  衆議院財務金融委員会 岸本周平衆議員 
2                    参議院総務委員会   吉川さおり参議員
3 電子政府を推進したい自治体の立場から 神奈川県議会     松崎淳議員
4 電子政府コンサルタントの立場から              廉 宗淳氏
モデレーター  東京大学大学院情報学環
電子政府評価委員会座長 
電子行政ガイドライン検討会座長    須藤修教授
★17:00 閉会挨拶 
北村彰啓 非営利特定法人中央コリドー情報通信研究所事務局長